坐骨神経痛でお悩みの方は入間市の整体院カイロプラクティックマーサンへ

2019/09/26 ブログ

坐骨神経痛でお悩みの方は入間市の整体院・カイロプラクティック マーサンへ

 

坐骨神経痛の症状はお尻のところが痛くなったり、足がしびれたりします。

 

よく言われているのがお尻の筋肉、特に梨状筋が硬くなり、その筋肉の下を通る坐骨神経を圧迫するために、お尻が痛くなったり、足がしびれたりする症状が出てきます。梨状筋とは骨盤の真ん中に仙骨という骨があります。その仙骨から股関節に繋がっている筋肉です。

 

その梨状筋を柔らかくすれば症状は緩和します。もちろんカイロプラクティック マーサンでも梨状筋をゆるめる技術を施しますが、それだけでいいのでしょうか?

 

では、なぜ梨状筋が硬くなってしまうのか?ここが大事なポイントだと思います。いくら梨状筋をゆるめて症状が改善しても、なぜ梨状筋が硬くなるのか、その原因を取り除かなければまた症状が出てしまい、繰り返しになってしまうと思います。

 

その原因は骨盤にあることが多いです。骨盤が歪めばその上にある腰の骨、腰椎も歪みます。その骨盤や腰から出ている神経が坐骨神経に繋がっています。つまり骨盤がまずは正しい状態になければ坐骨神経痛はなかなか改善しないです。

 

とくにダランと椅子やソファーに座っている方、骨盤が下がり(後傾)、腰椎のS字カーブが無くなり腰痛になったり、お尻の筋肉が硬くなり座骨神経痛の症状が出やすくなります。座り方の悪い生活習慣ですね。

 

カイロプラクティック マーサンでは、骨盤や腰椎はもちろん、胸椎・頸椎・股関節と影響を与える場所を調整し、身体のバランスを整え、硬くなった筋肉をゆるめ、症状を改善していきます。

 

座骨神経痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。