四十肩・五十肩の改善なら入間市の整体院カイロプラクティックマーサンへ

2019/10/16 ブログ

四十肩・五十肩の改善なら入間市の整体院・カイロプラクティック マーサンへ

 

腕を上げると痛い、後ろに回すと痛い、シャツを着るときに痛い、寝ているときに痛いなど、日常生活にも支障をきたしている方もいらっしゃると思います。

 

整形外科に行くと、四十肩ですね、五十肩ですね、と言われてしまいます。肩周辺組織に炎症が起こっていて、本来炎症は1週間ぐらいで治まることが多いですが、四十肩・五十肩の炎症は原因もわからず、人によっては3か月、6か月、1年も続いてしまうこともあります。

 

カイロプラクティックでは、やはり身体の歪みから起こると考えています。たとえば肩が内側に入っている巻き肩の状態ですと、正しい肩関節の位置にないですから、その状態で肩を動かしていれば肩の一部に負担がかかり炎症を起こしやすくしてしまいます。何かの機械でも正しい位置で動かしていれば壊れませんが、悪い位置・傾いた位置で動かしていれば壊れますよね。それと同じだと思います。

 

もちろん肩だけではなく、背中が猫背で丸くなっていたり、首が前に出ているなども影響します。特に首は、首から出た神経が肩を通って手に伸びていますから、首の状態が悪ければ肩に影響を与えます。

 

また、骨盤が歪んでいれば、その上にある背骨の歪みにも肩の歪みにも影響を与えます。

 

痛みを止める意味では、痛み止めの注射を打ったり、痛み止めの薬を飲むことはいいと思いますが、根本的な改善にはなっていません。カイロプラクティックで骨格や筋肉を調整することをお勧めします。