腰痛と骨盤の歪みの関係!入間市の整体院マーサン

2019/10/29 ブログ

腰痛と骨盤の歪みの関係!入間市の整体院・カイロプラクティック マーサン

 

腰痛と骨盤の歪みは深い関係があります。腰が痛いからといって腰の筋肉をゆるめたり調整したりしても、一時的には少し楽になっても、すぐにまた痛みが出てきてしまうことが多いです。それは骨盤の歪みが腰痛に深くかかわっていて、骨盤の歪みが取れていないから、またすぐに痛みが出てきてしまうのです。

 

骨盤は身体の土台、家に例えると基礎にあたる部分です。家の基礎が傾いてしまうと、ドアが開けにくくなったり、サッシの立て付けが悪くなったり、壁にひびが入ったりします。ドアやサッシの調整、ひびを修理しても、基礎の傾きを直していばければ、また同じことになると思いませんか?

 

身体も同じです。骨盤が歪んでいれば、その上にある腰椎も歪み、筋肉が硬くなり、痛みが出ます。腰だけ調整しても骨盤の歪みを取らなければ、また腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みが影響を与えるのは腰だけではありません。その上の胸椎や頸椎にも影響を与えるので、背中のハリ、首の痛み、肩こりの原因にもなります。上だけではありません。骨盤の下にある股関節、膝、足首などさまざまな場所に影響を与えます。

 

人間は立っている動物ですから腰に負担がかかりやすいです。特に身体のバランスが崩れると腰にかかる負担は一層強くなり腰痛に繋がります。

 

カイロプラクティックでまずは骨盤を調整してください。そのあとに痛みのある場所を調整することで身体は変わっていきます。お悩みのある方はお気軽にご相談ください。