腰痛の原因 大腰筋! 入間市の整体院カイロプラクティックマーサン

2019/11/18 ブログ

腰痛の原因のひとつ大腰筋!入間市の整体院・カイロプラクティック マーサン

 

大腰筋とは腰や骨盤を支えるインナーマッスルです。腰の骨(腰椎)からお腹側を通って、骨盤・股関節を通り、モモの骨(大腿骨)の内側に繋がっています。この大腰筋が硬くなったり、しっかり使えていなかったりすると腰に負担がかかり腰痛になります。

 

腰を後ろにソルと腰が痛い方は、大腰筋が硬く伸びないので痛みが出ている可能性が高いです。歩いていて段差もないところでつまずいてしまう方は、大腰筋が硬く、しっかり大腰筋が使えていなく、足が思ったより上がっていなくつまずいてしまいます。

 

大腰筋が硬くなると、骨盤が下がって(後傾)しまいます。お尻が下がった状態です。よくお年寄りの方がしている姿勢です。大腰筋は姿勢にも大きく影響を与える大事なインナーマッスルです。

 

大腰筋は身体の奥にある筋肉なので、マッサージでは届かずゆるめることが難しいです。

 

カイロプラクティックは骨格から調整します。インナーマッスルは骨盤や背骨などの骨格に付いています。骨格を調整することでインナーマッスルの大腰筋も調整できます。また、PIR(等尺性収縮後リラクゼーション)という技術を用いてインナーマッスルを調整することもできます。

 

ただ大腰筋をゆるめるだけでは、また大腰筋は硬くなってしまいます。骨盤や背骨、股関節が歪んだクセがついていたら、しっかりと大腰筋を使えず、また硬くなってしまいます。カイロプラクティックで骨格を調整し、硬くなった大腰筋をゆるめることが腰痛改善に繋がります。