骨盤の後傾は腰痛、スタイルの崩れの原因!入間市の整体院マーサン

2020/02/02 ブログ

骨盤の後傾は腰痛やスタイルの崩れの原因! 入間市の整体院・カイロプラクティック マーサン

 

骨盤の後傾とは、上の写真のようにお尻が下がってしまう姿勢のことを言います。ダランと腰を曲げて椅子や床に座っていると骨盤は後傾します。

 

骨盤が後傾すると腰椎のS字カーブ(前弯)がなくなり、腰に負担がじかかり腰痛の原因になります。腰痛の一番多い原因です。骨盤が後傾すると猫背になりやすくなり、首も前に出てストレートネックになり、背中のハリや肩こりにもなります。また、膝にも負担がかかり膝痛の原因にもなります。

 

美容・スタイル面でも大きな影響を与えます。お尻が下がり、胸が下がり、くびれがなくなり、下腹部がポッコリ出たり、下半身が太ったり、足のむくみや冷えに繋がったりしてしまいます。

 

ダランと腰を曲げて椅子や床に座っていると、腹筋や背筋を使っていないので、腹筋や背筋が衰え、良い姿勢を維持できなくなり、腰痛や姿勢の崩れの悪循環を招きます。

 

骨盤の歪みは痛みやコリだけでなく、悪い姿勢を作り、美容・スタイル面にも大きな影響を与えます。

 

いつまでも健康で美しくいたいと思う方は、カイロプラクティックを受けることをお勧めします。カイロプラクティックは骨盤や背骨(骨格)の歪みを整え、良い姿勢を作り、痛みやコリを改善し、良いスタイルに変えていきます。もちろん血行も良くなるため、肌にも栄養や酸素がしっかり届き、肌の調子もよくなり、またリンパの流れもよくなるため、老廃物や余分な水分を排出し、むくみや疲れを取り除いてくれます。お悩みがある方はお気軽にご相談ください。