テニス肘の改善なら入間市の整体院カイロプラクティックマーサン

2020/02/25 ブログ

テニス肘の改善なら入間市の整体院・カイロプラクティック マーサン

 

楽しくスポーツをしたい!でも痛い!と身体の不調を抱えている方は多いと思います。今回はテニス肘についてお話していきます。

 

テニス肘は肘の関節部分の炎症です。では、なぜ炎症が起こるのか?もちろん肘に負担がかかりやすいスイングをしているのもありますが、骨格の歪みがかかわります。

 

肘に繋がる神経は首から出ています。首の骨、頸椎の状態が影響します。ストレートネックなど頸椎のS字カーブがない状態は神経の通りも悪くなります。

 

また、背中の状態も影響します。そもそも猫背になっていれば首は前に出てしまい、正常な状態ではなくなります。

 

また、肩が内側に入る巻き肩になっていれば、肩関節が正しい状態にないので肘に影響を与えます。巻き肩になっていると肩甲骨も硬くなり、可動域も悪くなり、肩が十分に動かないために肘に影響を与えます。

 

つまり、骨格や関節が正しい状態にあり、しっかりと動くことが大切です。

 

それから、腕の筋肉が硬くなると、繋がっている肘に影響を与えます。テニスは手首をよく使いますので、腕の筋肉が硬くなりやすいです。腕の硬くなった筋肉をゆるめるだけでも、肘の痛みは緩和します。

 

肘が痛いからと言って、肘だけ治療しても、また繰り返してしまいます。身体は繋がっています。いろいろな部分が肘の痛みにかかわります。

 

カイロプラクティックでまずは骨格や関節を正しい位置に戻し、関節の可動域を上げて、痛みの出ている肘や肘付近を調整します。お悩みの方はお気軽にご相談ください。