四十肩、五十肩でお悩みの方は入間市の整体院マーサンへ

2020/07/22 ブログ

四十肩、五十肩でお悩みの方は、入間市の整体院・カイロプラクティック マーサンへ

 

40歳以降になると、手を上げたり、後ろに回したり、洗濯物を干したり、上着を着たりすると肩が痛いという症状が出てきます。整形外科に行くと肩関節周囲炎と診断されます。原因は不明と。長引く方は1年ぐらい痛いこともあります。

 

カイロプラクティックの観点から診ると、原因不明ではなく、背骨の歪みや関節の歪みから炎症を引き起こしていると考えられます。

 

肩に繋がる神経は首の骨のところから出ています。首の骨のS字カーブが無くなりストレートネックになっていても肩に影響を与えます。

 

肩が内側に入っている巻き肩の場合は、肩関節が正しい位置にない状態で肩を常に動かしているので、肩関節に負担がかかり炎症を起こします。

 

背中が猫背になっていたら、首は前に出てストレートになり、肩は内側に入る巻き肩になりやすくなります。ストレートネック・巻き肩・猫背のすべてがある方は四十肩や五十肩になりやすいです。

 

つまり背骨や関節の歪み、正しい位置にないことで、周りの筋肉を硬くして、血行が悪くなり、リンパの流れも悪くなり、炎症を起こしやすくしてしまいます。

 

カイロプラクティックで、まずは骨盤や背骨の骨格を正しい位置に戻し、関節の調整をし、硬くなった筋肉をゆるめ、血行を良くし筋肉にもしっかり栄養を届け、リンパの流れを良くし老廃物を外に出すことにより、四十肩・五十肩の症状を改善させることができます。

 

お悩みの方は、下段にある予約サイトよりご予約ください。お待ちしております。